top of page

近くて遠いところ

今朝は、建物のボリュームを現地に落としてみて見ました。縮尺された図面上での打ち合わせから一歩進んだ気持ちです。作業も1時間半ほどで終わりました。なので、日曜日の私は長靴を履き、作業服。

昨夜から決めていたのですが、私の家から1㎞ほどのところに見つけてあった2つ(?)の沼を探検して来ました。

1つ目の沼は意外と民家に近い(接している)ので知る人は知る「無名の沼」なのかと思っていたのですが、中へ足を踏み入れると「ジュラシツクパーク」を連想するような鬱そうとした木々の間を沼だと思い込んでいたのですが、弱弱しくゆっくりとした清流でした。近所の人たちはあそこには「沼」があるな~と言う程度の認識で、多分ここへ足を踏み入れた人は皆無のように思うのです。 




 

Comentários


bottom of page