top of page

今日は穏やかです

水泳の帰りに以前から気になつていた小さな沼に行つてみました。

やはり誰も来ているような形跡はありませんでした。

厚く積もった落ち葉の上をカサカサと音を立てて近ずくと鳥たちの鳴き声がけたたましく聞こえてきました。沼に「沼と言うよりはやや大きめの水溜りと言った方がふさわしいかも」はたくさんの鴨ちやんがひしめきあって居ました。

この泣き声にはどこか聞き覚えがあるのです。そうなのです。

かなり以前の話になるのですが、夜、犬の散歩に出かけこの泣き声を良く耳にしていました。なぜかこの鳴くき声が聞こえるのは雪が消えかけた5月頃の夜中なのです。暗い空を見上げても何も見えず、近くの人に聞いても誰も知りませんでした。 私は多分、夜に空を飛び、姿を見せない動物は「こうもり」以外いないはずと自分だけで思い込み、この泣き声も「こうもり」の鳴き声と確信していました。

これで永年の不思議が一つ消えました。

鴨ちゃん達にはこのささやかかな沼でいつまでも冬を越えてほしと思います

 たまあにウチの前を飛んでいる鴨ちやんのお家もここのようなのですね。

2つ目の画像は、なぜかウチの子供たちが通りたがる林の中の小道をパチリ。




bottom of page