top of page

カフェ12ケ月

Eさんと初めて会ったのは、今から16年前の夏が終わつた今頃でした。

「カフエ12ヶ月」の建物はHPの施工例に載せています。                     4年程前Eさんはご病気で亡くなられました。

その後、この建物は所有者が変わり、その方から「デツキ」を修理したいとの相談が有り、1年振りに「カフエ12ケ月」を訪れました。

持ち主が変わり、建物の細部が変わろうとも私にとつてはいつまでもEさんの「カフエ12ヶ月」です。亡くなられたEさんへの追悼の気持ちを込め、少し「カフエ12ヶ月」のお話をしてみようと思いす。


場所は帯広から車で40分ほど走つたところの更別村、どんぐり公園近く。久しぶりに見る建物には当然、当時の看板も無くなり、柏の葉の陰に隠れる様に佇んでいました。

「寡黙」・・・この言葉はEさんを思い出す時、最初に浮かぶ言葉です。           

不動産業者を通じ、初めて紹介され「出来るだけ柏の木を切らずにお店と住まいを作りたい」と。Eさんの年は当時30歳を少し過ぎていたはず。賃貸でお店を開くのでは無く、「固定資産税」までも払い、尚且つお店で1人生計を経てて行くとのことでした。

打ち合わせが進むうち、彼女が建設費にかけられる金額内に納める事がなかなか難しくなり、住宅はこれ以上削られないところまで削り、店の内部もぎりぎりのところまで予算を削ることになりました。建物に掛かり、切り倒す予定の柏の丸太を店の中に立てる事を提案したところ、彼女は了解し、「皮はうちで剥くので磨く作業は自分でね」との約束になり、彼女は会社作業場へしばらく通つてもらい、職人さんと一緒に埃まみれになることもいとわず曲がつた柏の木を慣れない手つきで磨いてくれました。



Commentaires


bottom of page